新商品開発に欠かせないコンセプト調査と商品コンセプト事例

2016年10月03日

消費者ニーズの多様化に伴い、商品のライフサイクルの短期化が著しく進行しています。そのため、企業がヒット商品を生み出すことは、ますます困難になっていると言えるでしょう。良いものを作れば売れる時代は終わり、企業は消費者が求める商品を作る必要があります。
消費者が何を求めているのかを明らかにするためは、コンセプト調査が不可欠です。
今回は新商品開発に欠かせないコンセプト調査と商品コンセプト事例をご紹介します。

コンセプト調査の重要性

新商品のコンセプトが市場で受け入れられるかどうかを調査することが、コンセプト調査です。事前に潜在的需要を把握することにより、売れる商品を開発することができます。

新商品を開発する前に、「商品のターゲットを若者にするか、それとも高齢者にするか」「安くて機能を抑えた商品にするか、価格が高くても機能性に優れた商品にするか」など、開発方針を決定するでしょう。しかし、決定した開発方針が企業の独りよがりである場合、消費者に長く愛される商品は開発できません。
コンセプト調査を軽視することは、市場で求められていない商品を莫大な費用をかけて開発することにつながります。市場ニーズがない商品を発表しても売れ行きは伸びず、企業は成長を見込めないでしょう。

コンセプト調査の注意点

コンセプト調査を実施するためには、ターゲット層の絞り込みが重要です。主婦向けに売り出すのか、小学生向けに売り出すのか、ターゲットとする対象を設定します。

また、コンセプト調査の調査方法にも留意してください。企業が考えるコンセプトをより分かりやすく消費者に伝えるために、試作品のサンプルを用意したり、画像や動画を利用したりすることも効果的です。
コンセプト調査の方法を工夫することにより、自社の考えた商品コンセプトにターゲット層がどの程度魅力を感じるか、商品化時の購入の可能性、競合商品と比較した感想など、さまざまな有益な情報を引き出すことができます。

企業内で商品コンセプトが固まっていないときは、プロトタイプのコンセプトを基に市場の反応を探り、コンセプトをブラッシュアップする方法も有効です。消費者から集めた生の声を分析してどのような要望があるか探り、コンセプトを設定します。

商品コンセプトの事例

商品コンセプトを確立するためには、「商品の魅力は何か」「消費者を説得する材料はあるか」を考えることが重要です。
例えば、忙しいサラリーマン世代向けの栄養ドリンクを開発する場合の商品コンセプトを考えてみましょう。商品の魅力の一例として「少ない量でも、飲むと元気が出る」が考えられます。疲労回復に効果のある成分を含むことが説得する材料です。このように「忙しいあなたでも3秒で栄養補給!〇〇成分配合」などのコンセプトを導くことができます。

栄養ドリンクと全く異なるコンセプトから生まれ、世界で人気を博している商品がエナジードリンクです。体が疲れたサラリーマンが飲む栄養ドリンクとは異なり、「若者のクールな飲み物」をコンセプトとするエナジードリンクは、体が疲れていなくとも気分を高揚させたい若者などに飲まれています。

おわりに

今回は新商品開発に欠かせないコンセプト調査と商品コンセプト事例をご紹介しました。
新商品には「斬新さ」が求められる場合が少なくありません。そのため、これまでになかった商品、他社と差別化できる商品の開発が必要です。
しかし、商品を作る側が考える「良いコンセプト」と消費者が「求めるコンセプト」は異なるケースがあります。コンセプト調査は作り手と消費者の認識のギャップを埋め、消費者のニーズをくみ取った商品開発を実現します。


●サービスの詳細はこちら
https://www.neo-m.jp/service/research/research_pr/

この値段でこのサービス!?圧倒的な低価格の「ネットリサーチ」資料

無料トライアル調査も実施出来、値段、サービス内容ともに充実のネットリサーチ