余暇の過ごし方と動物園に関するアンケート

2010年03月01日

2008年4月のリンリン死亡以降、パンダ不在の影響で来園者数が減少傾向にある上野動物園。そんな中、石原慎太郎都知事より、今年2月の定例記者会見にて、2011年上野動物園にパンダを受け入れる発表がされました。その発表を受けて本調査は、余暇の過ごし方における動物園の位置づけ、動物園におけるパンダの集客力を理解するとともに、新たに受け入れられるパンダの名付け親になれたらという弊社の想いを込めて、企画実施されたものです。

調査概要

調査方法 アンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したインターネットリサーチ
調査対象 アイリサーチ登録モニターのうち一都六県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)在住の20歳以上の男女
調査時期 2010年3月5日~3月7日
有効回答数 1000人
調査項目(一部抜粋) ・あなたが好きな動物は?
・あなたが最後に動物園に行ったのはいつですか?
・2011年(来年)上野動物園にパンダが来たら見に行きたいと思いますか?