音楽に関する調査

2010年03月01日

2010年2月、「iTunes Store」における楽曲のダウンロード数が100億曲を超えるなど、インターネット経由での楽曲ダウンロードも一般的になりつつありますが、ネットユーザーの音楽の入手方法や試聴方法に、その傾向あるのでしょうか。日常的に音楽を聴いている方を対象に、どこで聴くことが多いのか、どのような方法で音楽を入手しているのか、購入するきっかけは何かなどの調査を行ないました。

調査概要

調査方法 アンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したインターネットリサーチ
調査対象 全国・18歳~69歳の男女
調査時期 2010年3月1日(月)~3月2日(火)
有効回答数 1000人
調査項目(一部抜粋) ・自宅と外出先(携帯音楽プレーヤー・車など)のどちらで音楽を聴くことが多いですか。
・音楽を購入する際は試聴してから購入しますか。
・CDからPCへ音楽を取り込んだ(データ化)した後も、CDで音楽を聴いていますか。