iPad-タブレットPCに関する調査

2011年02月01日

2010年第3四半期のタブレットPCの出荷台数は480万台、そのうちiPadが87.4%のシェアを占める結果となったタブレットPC市場。現在も各メーカーから様々なタイプのタブレットPCが登場しており、今後日本でもさらなる普及が見込まれています。そこで弊社では現在のタブレットPCのビジネスパーソンにおける普及率、さらに仕事を行う上での活用の仕方を明らかにするために全国の有職者1500人を対象に調査を行いました。

調査概要

調査方法 メディアインタラクティブの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」でのWEBアンケート方式
調査対象 アイリサーチ登録モニターのうち全国の20代~50代で仕事をしている男女
調査時期 2011年2月23日(水)~2月25日(金)
有効回答数 1500名
調査項目(一部抜粋) ・iPad/タブレットPCを仕事で使っていますか。
・仕事でiPad/タブレットPCを使う用途は何ですか。
・iPad/タブレットPCを使うようになって仕事の効率は変わりましたか。