震災後の家族に関する実態調査

2011年05月01日

震災によるの未曾有の大災害の被害も、物質的な被害は少しずつ回復の兆しを見せていますが、精神的なストレスを受けたこころの被害の回復はもしかすると、これからかもしれません。特に、ストレスの処理の仕方も未熟な子どもたちにとっては、メンタルケアが今後課題となってくることが想像できます。今回、メディアインタラクティブが実施した調査をもとに「東日本大震災子ども支援ネットワーク」のスペシャルアドバイザーとしても活躍する明橋がその解説を行っております。

調査概要

調査方法 メディアインタラクティブの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」でのWEBアンケート方式
調査対象 全国の2歳から6歳の子供がいる母親
調査時期 2011年5月18日(水)~5月23 日(月)
有効回答数 500 名
調査項目(一部抜粋) ・震災後、お子様の行動、言動に変化はありましたか。
・震災後、家族のコミュニケーションに変化はありましたか。
・震災後、旦那様との関係に変化はありましたか。