省エネ・節電に関する意識調査

2011年05月01日

東日本大震災を受けて、発電施設の稼働停止などの影響から全国的に節電の必要性が高まっています。特に、電力需要のひっ迫する夏にかけて、東京電力・東北電力管内の地域では一律15%の節電目標が設定されるなど、一層の節電が必要になる予想となっています。そのため今回は、個人レベルの節電意識を調査いたしました。

調査概要

調査方法 メディアインタラクティブの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」でのWEBアンケート方式
調査対象 全国の成人男女を対象に実施
調査時期 2011年5月27日(金)~5月30日(月)
有効回答数 500名
調査項目(一部抜粋) ・節電商品を1年以内に購入する予定はありますか。
・省エネ製品を導入するにあたって障壁となるものはありますか。
・省エネ製品など、省エネにかける予算はいくらまでなら出しますか。