節分に関する調査

2013年01月01日

節分とは、「季節を分ける」ことを意味し、本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。
しかし旧暦では立春が年の始まりにあたることから、節分といえば、立春の前日をさすようになりました。季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために豆まきを行います。近年では恵方巻きの知名度も高くなり、多くの方が恵方巻きを食すのではないでしょうか。
そこで、何のために節分の行事を行うか、豆まきの掛け声、恵方巻きの知名度などをお聞きして「節分に関する調査」を行いました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式
調査対象 節分を楽しむ全国の20歳~59歳の男女
調査時期 2013年1月9日(水)
有効回答数 500名
調査項目(一部抜粋) ・豆まきに使用する豆の種類を教えて下さい。
・(豆まきで落花生を使用する方に質問)落花生を使用する理由をお教え下さい。
・あなたは今年の恵方が「南南東」であることを知っていますか。