年末年始の懐事情に関する調査

2013年12月12日

忘年会、クリスマス、お年玉など、何かと支出の多い年末年始のシーズン。ボーナス支給、来春に控えた消費税増税など、お財布の中身や通帳と向き合うことも多い時期なのではないでしょうか。そこで今回は、全国の20歳~59歳の有職者400人に対して「年末年始の懐事情」をテーマにした意識調査を行いました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式
調査対象 全国の有職者男女・20歳~59歳
調査時期 2013年12月3日(火)~2013年12月4日(水)
有効回答数 400名
調査項目(一部抜粋) ・あなたが「増税しても購入・支出の頻度が変わらないもの」、「増税したら購入・支出をためらうもの」は何ですか。
・あなたが仕事関係の忘年会、友人・知人との忘年会でそれぞれ1人あたりの会費として妥当だと思う金額はいくらですか。
・あなたは初詣のお賽銭にどの硬貨・紙幣を使いますか。