増税とお財布事情に関する調査

2014年06月01日

4月1日から消費税が5%から8%へと変更されました。増税から2ヶ月が経過し日々の生活に変化はあったのでしょうか。消費税は誰もが平等に支払う税金の一つです。毎日の生活に密着した税金だからこそ、その違いを実感している人も多いのかもしれません。そこで今回は、働く30代~50代の方々に、「節約意識」や「お財布」そのものについてなど、増税後の消費意識とお財布事情について調査しました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式
調査対象 全国の有職者男女・30歳~59歳
調査時期 2014年5月21日(水)~2014年5月22日(木)
有効回答数 600名
調査項目(一部抜粋) ・あなたはどのような商品・サービスの購入・支払い時に増税の影響を感じますか。
・あなたは増税により、財布の中の小銭が増えたと思いますか。
・増税に伴い、商品価格の表示が変わりましたが、あなたは税込・税抜どちらの表示がよいと思いますか。