引越しに関する調査

2014年06月01日

新年度が始まってから2ヵ月が経ち、ようやく新しい生活に慣れてきたという方も多いのではないでしょうか。その中でもこれまで生活されていた土地を離れ、大都市に出てきた方は今までの生活と大きく異なることに戸惑いを感じることも多いはず。東西の代表的な大都市である東京と大阪に新しく転入された方は、それぞれどのように感じながら生活をしているのでしょうか。そこで今回は、直近1年以内に東京都と大阪府に異なる都道府県から転入された男女114人に対して「引越し」をテーマにした意識調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式
調査対象 直近1年以内に東京都と大阪府に転入された男女・20歳以上
調査時期 2014年5月30日(金)~2014年6月2日(月)
有効回答数 114名
調査項目(一部抜粋) ・あなたは新しい住居を決められる際に、家賃や住宅購入費などの値引きの交渉をされましたか。
・あなたが値引きの交渉をした結果、家賃や住宅購入費などの価格は下がりましたか。
・あなたは今お住まいの都府に今後、どのくらい長く住みたいと思いますか。