コンビニエンスストアに関する調査

2014年11月18日

私達の生活に欠かせない存在となっている「コンビニエンスストア」。食料品から日用雑貨まで様々な商品が揃い、コピー・ATM・宅配便受付などのサービスも充実し、必要な時にいつでも利用できる心強い存在となっています。店舗数も全国で5万店、一都三県では1万5千店を超え、生活に非常に密着しています。そこで今回は、月に1回以上コンビニを利用している一都三県の男女600人に対して「コンビニエンスストア」をテーマにした意識調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
調査対象 月に1回以上コンビニを利用している一都三県の男女20歳~59歳
調査時期 2014年11月7日(金)~2014年11月10日(月)
有効回答数 600名
調査項目(一部抜粋) ・あなたの「自宅の最寄りのコンビニまでの距離」は何分以内ですか。また「希望の最寄りの距離」、「これ以上だと我慢できない距離」についてもそれぞれお答え下さい。
・コンビニでの商品・サービスの購入(利用)について、1年前と比べた購入頻度(利用頻度)を教えて下さい。
・あなたがコンビニでイラッとすることをお答え下さい。