ゴルフ離れに関する調査

2015年01月08日

冬は食べたり飲んだりする機会が増え、寒さのために運動量が減り、そろそろ正月太りを実感している方も多いのではないでしょうか。「若いころはゴルフなどの運動をしていたけど・・・」という方もいらっしゃるでしょう。日本のゴルフ人口は1992~1993年頃をピークに減少が続いてきましたが、過去にゴルフをプレーしていた人がゴルフをやめてしまった理由については不明な点が多く残されています。
そこで、過去に年1回以上コースを回っていたが、現在まで5年以上コースを回っていない全国の45歳以上の男性400名に対して「ゴルフ離れ」に関する調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
調査対象 アイリサーチ登録モニターのうち、全国の過去に年1回以上ゴルフでコースを回っていたが(ラウンド)、現在まで5年以上コースを回っていない全国の男性45歳以上を対象に実施
調査時期 2014年12月10日(水)~2014年12月12日(金)
有効回答数 400人
調査項目(一部抜粋) ・あなたがゴルフを始めたきっかけをお答えください。
・あなたがゴルフコースを回らなくなった(ラウンドしなくなった)理由をそれぞれお答えください。
・ あなたは「またコースを回る(ラウンドする)ゴルフをやりたい」と思いますか。