営業支援としての販売管理システムに関する調査

2015年03月11日

3月になり、決算期の企業も多いのではないでしょうか。それぞれの企業においては、日々各部門で売上・利益を上げる為様々な努力をされている事でしょう。売上・利益の向上というと営業部門のプレゼン力や企画力が注目されることが多いですが、システムを導入する事で業務効率が上がり、利益改善に貢献する可能性もあるのではないでしょうか。そこで今回は、全国の22~65歳以上の男女300人に「販売管理システム導入」をテーマにした意識調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
調査対象 全国の男女22歳以上の、年商50億円以上の製造業・卸売業で、販売売上管理に関わるシステムを導入している企業に勤める、売上・販売管理に関わるシステムの導入を検討・決定する担当者
調査時期 2015年2月20日(金)~2015年2月24日(火)
有効回答数 300名
調査項目(一部抜粋) ・あなたがお勤めの会社で、売り上げ・販売管理に関わるシステムに専任で携わる人数をお答えください。
・あなたがお勤めの会社では販売・売上管理に関わるシステムをどのような目的で使用していますか。
・売上・販売管理システムの運用に関わる中であなたが、経営者から期待されていると思う事をお答えください。