立教大学経営学部の学生と共同調査!
日本における都心と郊外のライフスタイルの差異に関する調査

2015年03月24日

近年「テレビ離れ」や「車離れ」などの話題をよく目にしますが、少し都心を離れると自動車が人々の足として愛用されていると言われています。「テレビ離れ」に関しても、テレビの番組表に沿って食事の時間が決められるほど、テレビは慕われ、情報の収集源として重要な存在なのではないでしょうか。
そこで、20歳~69歳の政令指定都市の居住者500名、政令指定都市以外の市町村居住者500名の男女1000名に対して「日本における都心と郊外のライフスタイルの差異に関する調査」を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
調査立案者:立教大学経営学部国際経営学科3年次 1名
調査対象 政令指定都市がある都道府県に居住し、政令指定都市の居住者、政令指定都市以外の市町村の居住者20歳~69歳の男女
調査時期 2015年2月18日(水)~2015年2月19日(木)
有効回答数 1,000名
調査項目(一部抜粋) ・あなたの平日の平均的なテレビ視聴時間をお答えください。
・あなたの現在の幸せ度をお教えください。
・あなたの環境への意識をお教えください。