2015年お鍋に関する調査

2015年04月17日

すっかり春となりましたが、まだ夜は冷え込むことも多い季節。日本の冬の定番といえば鍋料理ですが、そこで今回は「鍋を食べる頻度」や「鍋を食べる理由」など「鍋料理」をテーマにした意識調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用した WEBアンケート方式で実施
調査対象 1ヶ月に1回以上、2種類以上の鍋を食べている、未就学生・小学生・中学生の子供がいる全国の母親20歳~59歳
調査時期 2015年3月18日(水)~2015年3月20日(金)
有効回答数 1600人(お子様が1歳~未就学生、小学校1~3年生、小学校4~6年生、 中学生:男女各200名の母親)
調査項目(一部抜粋) ・ご自宅で鍋を食べる理由として、あてはまるものをすべてお選びください。
・ご自宅での鍋の味は誰に合わせていますか。最もあてはまる人を1人お選びください。
・以下の鍋の素の中から、あなたが最も興味があるものを1つお選びください。