肥満対象者の71.2%が肥満対策を強化したいと回答!
『肥満に関する調査』

2015年06月09日

年間約40兆円にも上る医療費の抑制を目的とした、新医療保険制度が可決されました。本新制度には、肥満改善時における保険料減額や健康器具の交付などを含む、予防・健康づくりにおけるインセンティブ付与が1つの項目として盛り込まれています。平成25年国民健康・栄養調査によると、成人男性の28.6%、成人女性の20.3%は肥満であり、特に男性の肥満の割合は増加傾向にあり、改善の兆しも見えないことから日本でも肥満は深刻な問題となっています。このような背景を受け、全国の男女1000人に対して「肥満」をテーマにした意識調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象 アイリサーチ登録モニターのうち、全国の男女20歳~69歳を対象に実施
調査時期 2015年5月29日(金)~2015年6月1日(月)
有効回答数 1,000名(各性別・世代、肥満の人[BMI数値25以上]と肥満ではない人[BMI数値25未満]各50名)
調査項目(一部抜粋) ・2015年5月27日に参議院において可決された新医療保険制度を知っていますか。
・新医療保険制度、特に予防・健康づくりにおける保険料減額、健康器具の交付といったインセンティブ付与を受けて、肥満対策を強化したいですか。
・肥満・健康対策にあたって食事と運動のどちらで対策したい・対策していますか。