格安スマホユーザーは、大手通信キャリアの携帯電話との併用者が約半数
「基本料金」には満足も「通話料金」や「サポート」への満足スコアが低調
格安スマホ利用実態調査

2015年08月19日

各社が参入し店頭やCMで話題の「格安スマホ」所有者1000名を対象に2015年7月29日(水)~2015年7月31日(金)、2015年8月7日(金)で格安スマホの利用実態についてインターネットリサーチを実施しました。

調査概要

調査方法 ①WEB調査
株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施

②デプスインタビュー
WEBアンケートの対象者に対し、インタビュー方式で実施
調査対象 ①WEB調査
格安スマホを所有している全国の20歳以上70歳未満の男女を対象に実施

②デプスインタビュー
WEB調査対象者のうち、男性20代・女性20代・女性30代・女性40代・男性50代を対象に実施
調査時期 ①WEB調査:2015年7月29日(水)~2015年7月31日(金) ②デプスインタビュー:2015年8月7日(金)
有効回答数 ①WEB調査:1000人 ②デプスインタビュー:5人
調査項目(一部抜粋) ・あなたが携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンク)と格安スマホを併用している理由をお答えください。
・「格安スマホ」に対するお気持ちとして最もあてはまるものをそれぞれお答えください。