普段から健康に気を使っている方は86.1%!
「シニアの健康に関する調査」

2015年10月14日

総務省統計局の調査によると、65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は3384万人(平成27年9月15日現在推計)で、総人口に占める割合は26.7%となっています。前年(3295万人、25.9%)と比べると、89万人、0.8ポイント増と大きく増加しており、人口、割合共に過去最高となりました。国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、この割合は今後も上昇を続け、第二次ベビーブーム期(昭和46年~49年)に生まれた世代が65歳以上となる平成52年(2040年)には、36.1%になると見込まれています。平均寿命が年々上昇する中、健康で暮らし続けるために個人でも健康への意識を高め、運動や定期的な検診、良い食事をとるなど様々な取り組みを行なっていく必要があるのではないでしょうか。そこで今回は全国の60歳以上の方を対象に「健康」について調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象 全国の60歳以上の男女
調査時期 2015年9月30日(水)~2015年10月1日(木)
有効回答数 1000名(男性766名・女性234名)
調査項目(一部抜粋) ・あなたは、普段から健康に気を使っていますか。
・あなたは、普段どのくらいの頻度で運動をしていますか。
・あなたが、60歳を超えてから気になるようになった言葉・単語をお答え下さい。また、逆に60歳を超えてから気にならなくなった言葉・単語をお答え下さい。