シニアが働くにあたり、会社に対して
求めるものは「業務内容」が8割
「シニアの仕事に関する調査」

2016年02月10日

近年、定年後も再雇用・再就職して働き続ける人が増えています。昨年、70歳新人のシニアインターンがベンチャー企業で仕事に奮闘するといった映画も話題となりました。シニアの方は仕事に対してどのような悩みを抱えているのでしょうか。そこで今回は全国の40歳~59歳と60歳以上の現在働いている男女を対象に「退職金」や「60歳からの理想の雇用形態」など「シニアの仕事」に関する調査を行ないました。

調査概要

調査方法 株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象 全国の40歳~59歳と60歳以上の男女1000人
調査時期 2016年1月29日(金)~2016年2月1日(月)
有効回答数 1000名(40歳~59歳・60歳以上の男女:各500名)
調査項目(一部抜粋) ・あなたが思う60歳からの理想の雇用形態をお答えください。
・働くにあたり、会社に対して求めるものとして各項目の重視度をお答えください。