なぜその商品を買うのか?消費者を購買に駆り立てる決め手とは

2016年03月09日

消費者による商品の購買理由は、プロモーションや販売促進、新商品の開発など多くの業務において非常に重要な情報です。購入に至るケースと至らないケースの違いはどこにあるのでしょうか。今回はそんな消費者の心理に迫るべくアンケートを実施しました。
SNSの普及が急速に進み、口コミ情報の入手が非常に容易になるなど、消費者の得られる情報の増加は購買行動にどのような影響を与えているのでしょうか。購入経験のない商品を購入に踏み切る理由、また持続的に購入している商品を買い続ける理由の双方から、消費者の本音を探ります。
本記事ではその結果の一部をご紹介するとともに、文末では調査結果のダウンロードも可能となっています。是非ご覧ください。

これまでに購入をしたことの無い商品を買う場合、商品購入の決め手となるポイントを2つご選択ください

日用品など継続的に購入する商品の購買理由について尋ねた本設問では、「特売していたから」と「値段が他商品に比べて安いから」が、他の選択肢を大きく引き離して1位と2位を獲得し、商品の選定に及ぼす価格の影響の大きさが改めて浮き彫りになりました。続く3位は「パッケージを見て興味を持ったから」、4位には「品質が高そうだから」がランクインしています。

また5位には「友人・知人などからの口コミで」、6位には「比較サイトの評価が高かったから」が入り、消費者目線での評価を参考にしている人が多いことも窺えます。一方広告に関する選択肢では、「店頭でのPOP広告を見て気になったから」が7位、「TVCMや雑誌などの広告が多く露出されているから」は10位という結果になりました。

継続的に購入をしている商品がある場合、何故その商品を継続的に購入するのか、そのポイントを2つご選択ください

続いて商品の継続的購入についての回答を見てみましょう。なお、こちらも1問目と同様に日用品など断続的な購入を前提とした商品に対するアンケートです。1位の「自分に合っているから」と2位の「品質に満足しているから」と答えた人が群を抜いて多く、継続購入の理由には使い心地への満足度が大きく影響していることがわかりました。

一方で、「切り替えるほどの魅力的な商品が他にないから」というネガティブな回答が5位と比較的上位に入っている点も注目すべきポイントと言えるでしょう。

調査結果を通して見えてきたものとは?

今回の調査では、前述した2設問に加え、「継続的に購入していた商品を購入しなくなる際のポイントを2つご選択ください」という設問についての回答も得ています。
先の2問とは反対に購入しない理由について尋ねることで、消費者の購買行動のより詳細な把握に役立ちます。これらのアンケート結果から、価格や自分にとっての使い勝手が商品の選定に大きな影響を及ぼしていることがわかりました。

なお、本アンケートの詳しい調査データは、こちらからダウンロードできます。より詳細な分析にお役立てください。

今回ご紹介した調査レポートは、最短1時間で1,000名の調査結果を10,000円で提供できるスピードリサーチサービス『クイッククエスチョン』を活用しました!
自社での活用に興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせはこちら
https://m-madoguchi.jp/contact_form.php

●サービスの詳細はこちら
https://www.neo-m.jp/service/research/netresearch/

この値段でこのサービス!?圧倒的な低価格の「ネットリサーチ」資料

無料トライアル調査も実施出来、値段、サービス内容ともに充実のネットリサーチ