調査データを起点に、マーケティングの総合力を高める!
“単発型”の施策にサヨナラ マーケティング情報をつなげて 「循環モデル」を作ろう!

御社の中には様々なマーケティング関連情報があることでしょう。
しかし、もしそれが連携できずに、断片的に使っている状態だとしたら、施策も単発になりがちで、効果を発揮しにくいと言わざるを得ません。

マーケティング情報は“循環”させる必要があります。

本資料では、上記のような課題をお持ちの企業様や、
様々なマーケティングデータを活用して、より効果的なマーケティング施策を図りたいとお考えの方に役立つ情報をご紹介しています。

【本資料でご覧いただけること】

●1章 マーケティングの情報が分断されていては成果につながらない 
<概要>
市場調査、顧客情報管理、各種施策…分断されがちなマーケティング情報の“循環モデル”を作り上げることが企業の成果向上に繋がります。
 
●2章 「マーケティング情報の循環モデル」の作り方
<概要>
循環モデルの構築のキーワードは“全貌”“初手”“連動”“循環”。そして、包括的に頼れる強い味方を持つことが大切です。

●3章 調査データを軸に総合的なマーケティングを実現するネオマーケティング
<概要>
ネオマーケティングが提供する調査・分析を中心とした総合的なマーケティング支援サービスを、『女性向けかばんブランドの事例』と共にご紹介しています。