ブランドの持つ力を指標化し、課題発見・解決につなげる!
『自社ブランド調査でわかること』
~5つのブランドフォース(ブランドの“力”)を把握する~

市場競争が激化する中、自社ブランドが市場においてどのような状況にあるかを正確に知ることは重要です。自社ブランドを知ることで、自社ブランドの課題が明らかになり、プロモーション戦略や販売戦略、商品戦略の立案が可能になるのです。自社ブランドの状況を正確に把握するためには、「ブランド調査」の継続的な実施が必要不可欠です。

しかしながら、「ブランド調査」を実施するには、多くの“壁”があります。

そこで、本資料では自社ブランドの「課題発見」「ポテンシャル」「ロイヤリティ」を把握するための方法を紹介します。

【本資料でご覧いただけること】

1章:自社ブランドの力を知り、課題発見・解決につなげよう
・自社ブランドの力を知ることで様々な課題が見えてくる
・ブランドの力を知るために。ブランド調査を実施しよう
・ブランド調査実施の“壁”とは?
 1.費用
 2.納期
 3.継続性

2章:自社ブランドの課題を明確にするパッケージングサービス「NEO BFI」とは?

・「NEO BFI」とは?
・5つのブランドフォースを数値化し、自社ブランドの
「課題発見」「ポテンシャル」「ロイヤリティ」を
把握
・「NEO BFI」の利用メリット
・導入事例